記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱稿しました。@ 11日ラブコレクション、配布予定の変更について。

引っ越しにともない、会場への在庫搬入が厳しくなりました。荷物を送る箇所を複数に指定しなければならず紛失の危険があるためです。
そのため、恐れ入りますが、当日は新刊のみ配布とさせていただきます。
そのかわり、在庫がある分に関しまして、通販期間、また、五月のスパコミの持ち込みを検討しております。詳細が決まり次第お知らせいたします。
もし、手持ちで持っていく根性が残っておりましたら持っていきますが、ただ、やはり本が移動で傷むことを考えるとやはり無理かと思われます。
ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。


新刊について、無事に脱稿いたしました。
澪尽 薄桜鬼、ひじちづ。A5、4C、148P ※ R指定にご注意ください。
性的、血などの描写があります。詳細は追ってお知らせいたします。
※当日は早めに撤収する予定です。
通販はとらさんにお頼みする予定です。

ED後、蝦夷夫妻。すっ転んだ千鶴が土方さんと出逢ってからのことをすこーんと忘れてさあ大変、なお話です。シリアスだったりにゃんにゃんだったりほのぼのだったりらぶらぶだったり糖度高かったりバイオレンスだったり。たぶん土方さんは「え?まじで?俺だけ?」 と、わりと本気で思ったのではないでしょうか。いつも理不尽でごめんなさい。
今回も本を作るにあたりたくさんの方のご助力を頂きました。この場をお借りして感謝申し上げます。
土方さん、割りと理不尽な話の展開。 話の基本は起承転結、序破急とはいいますが、理不尽が起こらないとなかなか話が作れないので、せめて幼妻と仲良くしてもらいました。承転と破急がなければ穏やかな話が作れると思うのですが…なかなか平坦な話になりそうです。
タイトルは澪尽、と澪標で迷いました。指標という意味、身を尽くし、という意味。有名な掛詞ですが、明石の君が、みをつくし、で読んでいましたので、澪標(みおつくし)、でなく、澪尽(身を尽くし)、の方をとらせてもらいました。間違っててもそこは気にせず。
改めて源氏の澪標を読み返したのですが、『数ならで』、や、『いつしかも袖うちかけむ』、と詠んだ明石や、『我ぞ煙にさきだちなまし』と詠む紫の上の心情をおもうと、本当に源氏を殴ってやりたくなりますね。
ところで百ページに押さえるつもりが雪だるまのようになり…(切り良く値段がつけやすいので)。それでも拾い切れなかったところが残りました。ブランクは中々深刻です。日々精進、という言葉が身に沁みます。
そんなわけで当日は必ず100円、500円が不足すると思われます。小銭にご協力いただけますと大変助かります。お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

また、会場にお越しくださった方にはささやかながらおまけとして、しおりをご用意いたしました。
お一人に付き一枚になります。
おまけしおりについては、わかる人には全力で ひじちづ!!!!!と叫んでいる図案ですが、普段使いにもできるようにしてみました。外で使って見られてもあまり違和感無いかと思います。ないといいな…。おきに召していただけたら幸いです。
数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。
通販には必ずつけてもらえるよう打ち合わせをしておりますのでしばらくお待ちくださいませ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆつき

Author:ゆつき
日々徒然。
何とか生き延びている。
うっかり突発小話ありけり。
何が出てくるか解らない。
おそらく切羽詰った精神状態で出てくる故注意が必要。


おねがいごと。
小話の続きは、コメントのほうに私が書き込んでいますので、小話への直接コメントはご遠慮くださいませ。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。