記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿流し編考察メモ@ネタバレ注意

綿流し編考察メモ  


*鬼隠し編・綿流し編の二編ネタバレ全力。

双子入れ替わり
詩音登場の最初の頃はほぼ間違いなく魅音だと思う。
詩音が始めて圭一に接触したのはデザート食べ放題の時。それまではずっと魅音が詩音として振る舞っていた。
「慣れないバイト」といったのはエンジェルモートのバイト。お弁当を作って届けたのも魅音。
(市内に住んでいるという詩音があんな短時間で都合良くお弁当を届けられるとは思えないし、
雛見沢内の情報を知るのが初期の「詩音」は非常に早かった)
デザート食べ放題の誘いの電話がファーストコンタクト?>魅音の知らないことだった。
誘われて行った先で、圭一が初めてあっただろう「詩音」に違和感を感じている。
そしてここで確信、圭一を送っていくに際し、詩音は圭一の家を知らないっぽい。
これでお弁当は届けられないだろう。
大石に対する話題でも、嫌悪感を表している詩音は「魅音」、そうでもない詩音は「詩音」なのでは?
圭一を助けたのも魅音。>頭にけがをしたなど、抵抗運動を誇らしげに語る。


また、綿流しで魅音から二度同じ質問をされた。これが重複したのは詩音と魅音が入れ替わりを行っていたため?


さとこが標的にされた理由。
非常に相手のことをよく観察する彼女に、入れ替わりがばれてしまったのでは?
鬼隠し編でも入れ替わりを行っていたとしたら?(鬼隠しではさとこは標的にされていない)>詩音の存在をさとこにしられなかったら
そもそも同じ人物が入れ替わっているという発想は思いつかない。詩音がいる、という前提が「入れ替わり」を発想させる。

村長殺害は?
これも「入れ替わり」を見破られたと言うことで。>魅音は村長に子供の頃から非常に世話になっている。
りかにも見破られた?

「ワゴン」所有。>警察と園崎家。

レナと大石>レナは大石を知らない

注射器>鬼隠しと同じもの?でも今度は見つかっている。

なぜりかが持っていたのか。>失踪直前「園崎家に醤油をもらいに行った」と思われるりかがなぜ「注射器を持っていたか」。(これらは状況証拠、醤油をもらいに行ったか、注射器を出かけに保持していたか、行き先はあっていたのか、そもそも自発的か、さらわれたのかはわかっていない)
魅音を怪しいと目していたのなら、それに対する防衛手段の一つと考えられる。


夕食の支度とレナの推理はどこまで信憑性があるか>回覧板に「醤油」について出し、りか・さとこ宅から醤油の大瓶を持ち出すだけで成り立ってしまう。>夕飯に醤油が必要ないメニューでも、日常生活に必需な調味料。大瓶にストックがなくなればもらいに出かける理由になる。園崎家に醤油をもらいに行ったと推理「させる」には十分。>しかし、これは推理をする人物がいなければ成り立たない。もし、レナが推理しなければこのトリックは発動しないまま終わる>レナが推理をしなくても、仕掛けた本人が「推理」を行えばいい>しかしレナが推理を公開するには多少時間があいており、それまで何のアクションもトリックを仕掛けた側は起こしていない。>発動しなくてもいいトリックだった?自分に矛先がむきかけたら発動すればよいものであり、積極的に園崎に罪をかぶせる理由には至らなかった(事件が迷宮入りしてくれればそれでよい)

もしこのトリックを仕掛けるとしたら?>監督か詩音?

犬と猫の話
猫は四匹。富竹、鷹野、圭一、詩音と仮定。そこにプラスして魅音。りかは「姉妹猫」と口にしている。
猫は鳴いているだけでいいらしい。
犬は?>警察?監督?園崎?「間違ってかみついてきたら教えてくれ」
りかは圭一を守ろうとした?


魅音の「自供」
魅音ではなく「詩音」ではないか?入れ墨のことをほのめかしても見せなかった。目の色が変わらなかった(笑)など。
とらわれていたのは魅音?>とらわれていた「詩音」は現れた「魅音」に対し「お姉」と言っている。>実は姉妹でもともと「魅音」「詩音」は入れ替わっていたのではないか?>抵抗運動の時、後継者として絶対的な地位を築き上げたのは「現在の詩音」で、過去では「魅音」であったほう?もしくは母親同様、改名した。もとは詩音のほうに「鬼」を含む文字があった。
入れ替わり時期は部活を始めた時期。部活で魅音が負け続けた時。抵抗運動でぶいぶい言わせた「魅音」がクラスメートに対して侮られるような敗北のすきをみせるとはあまりにも「らしくない」のでは?



詩音と悟史
入れ替わり時期を推察すると、原因としてあがってくるのが一年前、同い年であった「悟史失踪」
詩音との関係は?>敵対か好意的か>敵対の場合。当時反目していた悟史に弱みを見せるなどして当主後継の座を追われる>さとこを殺したのは復讐の意味合いもある。
好意の場合>悟史が家に何らかの標的とされる。(鬼隠れ?)>現在詩音が反対する>頭首を追われる。>さとこを殺したのは?兄と親しくしていた「園崎頭首」について見破られた?>魅音を井戸に突き落とし、主人公をさし、自殺。>悟史の敵討ち?>富竹・鷹野は別件?>最後の犯行は圭一・魅音のみ>悟史をかばって頭首を追われたなら、後釜に座った魅音と魅音のかばおうとする人は憎いのでは?(恋愛は絡む?)


未知の関門>監督がわからない…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆつき

Author:ゆつき
日々徒然。
何とか生き延びている。
うっかり突発小話ありけり。
何が出てくるか解らない。
おそらく切羽詰った精神状態で出てくる故注意が必要。


おねがいごと。
小話の続きは、コメントのほうに私が書き込んでいますので、小話への直接コメントはご遠慮くださいませ。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。