記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R2@16話

箇条書きならぬ過剰書き。久しぶりに!(原稿明けたので…)(そして今度は八月に忙殺予定なので…)

Fの感想も書きたかった…!また後日リベンジ。

以下ネタバレご注意。色々厳しめですが流してくださると幸いです。
・アナゴさん不在。本当に皇帝がアナゴさんにしか聞こえなくなったorz息子にしーのせかいにおきざり。結局あそこは何処だったんだ。
・それは責任の押しつけですか? 貴族が格好良すぎる件。基本、本編で出た行動がツボにはまると惚れるタイプなので、結構ラウンズはスルーしていました。しかしまさかのジノのターン!そこでフォロー入らなきゃ駄目だろ枢木!と思ったことが時空の彼方に吹っ飛ぶくらい格好良かった!何だあのタイミングばっちり過ぎる……!
・枢木フルボッコ。今週はカレンのターン!まさかの枢木フルボッコ。思い切りのした後は潔くふてぶてしく、裁け!と宣うカレンに惚れる。凜と一筋通った子(にとって、ルルーシュもきちんと知っていくと正直うざったいのではないかと)(筋の通った子だからこそ枢木にイラッとくるんだろうな)(解ります)
・大っ嫌い!ああまで反抗の意志無く、自分の罪だって勝手に思いこんで背負ってるところがうざいなあこいつとか思ってそうなカレンの心底嫌そうな顔にきゅんと来た。枢木のこの駄目っぽさはゆふぃたんにしか癒せない。ルルーシュでさえも駄目だったからね!
・ご満悦。実父を生死不明にしてご満悦のルルーシュ。ご満悦過ぎてあの命令がどこから出て来たか解りません。
・きょどってる。しかし本気で実行されると慌てて待ったが入ります。普通のCCだったら馬鹿かお前とか見せてやろうかどうていぼうやとか言い返すんだろうな、そう言うノリで言っちゃったんだろうな。普段のやりとりがかいま見えて(妄想と言います)嬉しい限りです。
・そして今週の真の主役は!今週はずっとCCのターン。可 愛 す ぎ て い け な い。なんだあの可愛い生き物は。けしからん!
・ところで先週の枢木です。いきなり全く関係なくて申し訳ない。まあ、その、カレンにヤキ入れた手が左 手 だ っ た こ と に つ い  て 。……あれ?利き手は右です よ ね ?(え、まさかの 手 加 減 ?)(……ゼロを狩りたくてテンパってたけれどまさか実は本気じゃなかったのか?!)(ちょ、お前…!惚 れ た ! ! ! !)(だって利き手じゃないんですよ!?)(ジェントルメン枢木卿!)(さすが!)最低なことやっていたのにまさかの枢木ターン…吹いた!惚れさせるなんて恐ろしい子……!!世の中の枢木卿好きーさんは握手握手!(でも女の子に手をあげるのは最悪だぞ!)(捕虜に暴行もラウンズ的に国際問題だぞ!)
・枢木卿 と 猫 。枢木卿ションボリ。アーニャには皇帝がギアスを駆けていたのでしょうか?なら何のためにか。友達が猫な枢木をアーニャにはかまってあげて欲しい。
・枢木卿かまわれて、からまれる。あー凄いありがちなキャラだったんだなあ(生ぬるい笑みを浮かべてみていた)
・決闘。誰かこのシーンブルーレイに焼いて!早く永久保存!責任!?そんなもの私が取る!!今までにもこんなシーンが繰り返されてきたんだろうなっておもうと切ないです。萌えすぎて。枢木が手袋を投げつけるシーンとか投げつけられるシーンとかもう想像するだけでときめいて仕方がないですよ!しかもユフィのために、ユフィのために、ユフィのために!(落ち着けない)
・名誉の在処。全てはユフィのもとに。スザクが未だにユフィの騎士であることに誇りと自負と、存在意義を持ってるようにおもえてよかった。スザクの信頼は一生ユフィのもとにあって揺らぐことは何だろうなと。彼女と見た夢は変わらず支えで、同時に重荷になるくらいスザクを縛っている。その支柱が折れたとき、新しい生き方を見いだせなければ生きていけない気がします。生傷はずっと生傷のまま、歪な生き方をしていくのも有りだと思うけれど(それはそれでもえる)(でもシャーリーに言われてあっさり揺らいだのはまた偉い微妙だなあと正直)(許すなよ、自分のためにもナナリーのためにもルルのためにもさ)
・ブラッディ再び。何という噛ませ犬。彼こそ必要とされていた人材だ!(なまぬるい笑みが期待の笑顔になってた)
・そうして再びジノのターン!うん、ジノカレにはフラグ立ってるよねって思ってた。紅蓮のパイロットについてくどいよと突っ込んだくらい執着してたりOPとか。しかし格好良すぎてたまらない件。この人実はプライドを実力で支えているタイプか。家名に潰されず自立してる辺り格好良すぎて助けて。笑顔で怒るとか本当にまにまするから助けて。
・君を殺すよ?このロイドさん素敵過ぎる。今週の特派は山盛りですね!趣味の世界に……のセシルさんがえろかわいい。日本を救いたいと思いながら日本人と敵対するスザクの矛盾を少しだけでも掬い上げたのはユフィ。まさかまたこの台詞が繰り出されるとは。
・憧れは理解に最も遠い感情だ。某魔王さまの台詞を思い出してしまってしょうがない、痛感した。至言ですね。ニーナはユフィを理解していない。自分が死んでも誰かを虐殺するなんて願わなかった子です。枢木もそれはユフィの意志に反するからって言おうよ!痛いほど解ってるだろう!(だん!)(床も転がるってもんです)
・貴方にこそ託したい。主従揃って虐殺の汚名を世界史に遺すフラグを立てるのは辞めてあげて。まずユフィの汚名を雪いで、名誉を回復して。あとシャーリーの自殺もどうにか撤回して欲しい。遺されたお母さんが可哀想すぎる。
・行ってらっしゃいませ。CCにもえろっていうんですね。解ります。ピザに食いつくのも可愛くて、なんだあの顔は。本当にけしからん!
・今週の癒し。☆さんは天子様に甘すぎる。部下はこんなに育て上手なのに……!でもそこが良いですよね?にまにましますよね?本当にどんだけ天子様が好きなんですか。
・藤堂×千葉でなく千葉×藤堂だった件について。二人の間に何があったか根掘り葉掘り聞きたい件。だって藤堂さんが逃げるような気持ちを悟られるようなそんなシーンを積 み 重 ね て  き た わ け で す よ ね ?
・逃げた。千葉さんに 惚 れ た (爆笑)もっと攻めて良いよ!
・一人。リヴァルは一人です。あんなにたくさんいたのに。会長にシャーリーにルルーシュにスザクにロロにニーナにナナリー。いつもみんなの声に溢れていたのに今はたった一人です。凄く哀しかった。
・扇さん。……あれはさよこさんかなーと思ったり。いくらなんでも怪我直ってないだろうと。左胸に突き刺さってたし。防刃チョッキは殺されるつもりで行って着てたら最悪だろうし…。orz
・超合衆国何とか。すみません、もう名前忘れた。吹いた。
・手。ルルーシュのモーションが力はいりすぎててどうして良いか解りません。なぜ回す。
・戦力放棄。うーん……もう突っ込むなって事ですよね。はい。了解です。
・スタッフロール超合衆国。今週の笑いどころはここなのでしょうか。
・アナゴさんジャック。ところで皇帝の若い頃か格好良すぎてマリアンヌママと何があったか超気になります。出てくるたびに気になります。それがもさもさになって…(年月って切ないですね)(アデランスしすぎだよパパ!)orz
・今週の癒し②天子様がんばったね!がんばったね!しかし一番心の中で絶賛しているのはしんくーでまちがいありませry
・鬨の声。ルルーシュが上げるべき声は藤堂さんに。動揺しすぎにも程がありますが、裏切りフラグっぽくも読み取れ……。
・ピザ一切れ。食べ物なんていつも飢えていただろうにルルーシュに分けてあげようっていじらしすぎる。しかもこの一切れってところが我慢できなくて食べちゃったってきゅーん!とするから!
・がしゃーん!いつもいつもお前にはがっかりだ!
・血が出てるじゃないか!お前のせいだばかっ!
・けなげ。しーたんけなげ、ちょうけなげ。可愛すぎる。け し か ら ん ! !
・流血。血が出すぎな気もしますが。盤上に飛び散った血は暗喩なのか。(あんま関係なさそうですが)
・震える。重なった手が震えているルルーシュが凄く好きです。るるしにもえろってことですね、わかります。
・絆創膏ぺたん。待て、どっちが張ったんだ!(そこ重要だ!)どちらでもいいが共同作業でも良い!可愛すぎて和む。CCは捨てられた猫が一生懸命懐くのに似てて可愛くて哀しくてやっぱかわいい。
・謝罪。あ、無しなんだ。おまえしーたんにあんな事をしておいて……!(やつに謝罪を求めるのはそろそろ諦めた方が良いと言われた)(しかし私は来週に賭けている)
・友達。ここでスザクに思考がとぶか。いっちょ黒の騎士団の幹部内に(藤堂さんとか元から居るメンバーとか)に打ち明けてナナリー奪還を第一に頼むという手が使えないのは偏にこれまで築いてきた信頼関係の薄さなんだろうな。友達という免罪符に甘えすぎてるルルーシュはどうしたもんだ。改めて友達少ないルルーシュ。
・友達(?)枢木卿超上目線。(お、おまえ!)(失笑、だと…!?)(シャーリー助けるとき友人モード復活ぎみだったあれはどうした!)(許さないんだよと言われて揺らいでいたあれは何だったんだ!)(シャーリーの件からまた決意を新たにしたのか!?)
・お願いします。スザルルのもえポイントはルルーシュのプライドを丁寧に丁寧に手折って手懐けていくのがいいよね!と思ってちょっと書いたらいけない小説になりました。(すみませ orz)
・復讐期。枢木は復讐鬼ではなく復讐期があるとみた。
・次回予告。枢木水戸黄門宣言。誰かこの映像をブルーレイにry今回一番のもえどころなわけですね、了解しました。
・来週の日曜日。……リアル視聴もパソコン視聴も出来ない臭いがぷんぷんしています。下手したら来週だけ見れない気がします。ちょ、よりにもよって来週……!!!!永久保存版決定の来週……!誰か、誰か録画、録画……!!orz







ルルーシュは勿論スザクも、守るとか助けるとか言いながら、実は守られる側であり助けられる側ですよね。ものすごくキャパが狭い。スザクは幼馴染み二人に加えてユフィを容れて、お終い。ルルーシュに至っては正直ナナリーが入っているのかも怪しい。ナナリーという自分の精神安定剤を守ることで自分の存在を守っている。そう言う人はいっぱい居ると思います、悪いことだとは思いません。しかし、ルルーシュのやり方は明らかにナナリーの意志を無視したあげく周りを(スザクもナナリーさえも)顧みないやり方です。あれだけの経験をしておきながら人間的に未熟すぎる。
人間の命に優劣をつけるのは愚かな行為ですが、現実として知人と赤の他人では、命が失われたときに哀しみの度合いが違います。家族や恋人、友人ならそのショックは更に大きい。
でも、例え赤の他人でも、痛ましい事件で命が失われれば悼むのが普通だと思うのですが、ルルーシュはそこら辺が欠落しているのかなと。
価値観の付け方が1から10でなく1か0。自分の内側の人なら激昂するほど哀しい。そうでなければどうでもいい。22話では、虐殺のシーンで自分のやってしまった事態におののいていたシーンがあったはずですが、R2に至ってはまるでそう言ったシーンがみあたりません。
もう戻れないから!とかいって、涙一筋流して灯籠一つ浮かべてあとはみんな過去にするってどうなんだろう。彼女の死を背負って顔を上げて必死に頑張っているナナリーや、苦しみ続けているスザクにとっては未だのしかかる重い重い現実。シャーリーを失ったお母さんや友人達にとっても。
ルルーシュもスザクも、容量が狭すぎて、本当に彼らの存在をまるごと支え、守っていたのは学園のみんなや特派の人たち、そしてナナリーとユフィだったのだと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆつき

Author:ゆつき
日々徒然。
何とか生き延びている。
うっかり突発小話ありけり。
何が出てくるか解らない。
おそらく切羽詰った精神状態で出てくる故注意が必要。


おねがいごと。
小話の続きは、コメントのほうに私が書き込んでいますので、小話への直接コメントはご遠慮くださいませ。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。