記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除です。

いつまでも放置しておく訳にはいきません。十~十二月はやっぱり修羅場なので九月中に片付けられるところは頑張って片付けていきたい所存です。

あと、お礼をどうしようかなあと考えています。大量蔵出しか書き下ろしか、書き下ろすとなるとどんと長編が良いのか、拍手が良いのか。ありがたいことに、今もナル麻衣コールが多くて、悩んでおります。長編となると調査ものになるのでナル麻衣成分がぐっと下がるんですが(致命傷)やっぱり安易な道を選んだ方が良いのかな……忙しくなる前にきっちりした方が良いですしね。きっちり短編で締めて取りを飾って貰いたい。
他は、実は土千、騎士姫、ロイアイを書くだけなのですが……なんか長くなりそうで急いでダイエットしています。頼むからもうちょっと遠慮してほしい特に副長と騎士と大佐。私はおなごの方が書いていて好きなのですが……。長くなるのもネタがでるのも愛が募るからこそなのですが、もうずっと好きなカップリングとか、なお愛がとぎれず艱難辛苦です。正直「どれを書こう」から悩んでいます。
他にも、ちょっと優先順位の高いものを書かなくてはいけなくなったり、資料を調べなくてはいけなかったり、htmlの小説復旧も、ファイルの大掃除もちまちまと進めていこうと思います。

サイトの方の、今回の再掲はシャーリーのお話です。ルルシャリ企画さんに寄稿させていただきました。あまりにも綺麗に笑って可愛らしく最後までルルーシュに恋をしていってしまう彼女の、一途な思いはゼロとルルーシュとの二重生活をこなしていたルルーシュのよりどころだったり、バランスを取ったり、殺伐とした思考から、何気ない穏やかで当たり前の、ありふれた日常に引き戻す、とても大切な存在だったのではないでしょうか。
ちまちまと加筆修正しているあいだに当時の衝撃がよみがえってきてえらい切なくて仕方なかったです orz
しかしルルーシュにシャーリーは嫁にやれん。もったいないよあんな良い子……!!!!現実的に考えて、シャーリーのお母さんにお嬢さんをくださいと土下座しに行っても、夫を巻き込み娘に殺人未遂を犯させその上で記憶操作をし極めつけのごたごたに巻き込んで、もう正直ぶぶづけ出されて帰り際に塩巻かれそうです。(これ以外の想像ができなくて泣ける)
ルルーシュには愛人と正妻で我慢していただく!特に愛人!後世の歴史書に書かれるんでしょうか。ブリタニア帝国最後の皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアのそばには常に影のように付き従う騎士と謎の愛人が寄り添っていた。なんだろう、この、どこかに売ってそうな歴史小説のあおり文句みたいな……(遠い目)
最初にルルーシュの、最後の計画をあかされたとき、CCは何を思ったんでしょう。「また置いて行かれるのか」だったら哀しすぎます。スザクを説得するよりも、CCを説得する方が実は大変だったかもしれません。いえ、CCがごねる、というイメージは(ピザ以外)無いのですが、何でもないときにいきなりくっついてきたりのしかかってきたり無言で何かを主張したりじっと背中を見つめてたりしたら凄く良いと思います。……駄目だネタの神様が振ってきそうなのでここまで!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆつき

Author:ゆつき
日々徒然。
何とか生き延びている。
うっかり突発小話ありけり。
何が出てくるか解らない。
おそらく切羽詰った精神状態で出てくる故注意が必要。


おねがいごと。
小話の続きは、コメントのほうに私が書き込んでいますので、小話への直接コメントはご遠慮くださいませ。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。