記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼@ロイアイ

サルベージ2、ロイアイ。
殺されるな犯されるな焼かれるな。それが彼の命令の全てであった。
「イエスサー」
こめかみかすってぴしっと敬礼がきられ、細い躯がライフルを担ぎなおす。死ぬな身を守れ足手纏いになるな。畢竟、それが彼の命令のすべて。敵に指一本触れさせず上官と自分を帰還させる。
「行くぞ」
「アイ、サー」
そうして一度前を向けば決して振り返らぬ背中を躊躇いなく追った。
時折。煉獄で空を見上げこの人のために願うことがある。業と号を背負い立つ人へほむらの海にて。
ケロイドの死臭炭化した骨からこぼれた生焼けの臓器排泄物骨肉――地平の赤熱を眺み目をすがめ、空を睨み据える人のため時折ひたすら希うのだ。傲慢に。

慈雨を。

この殺戮を消す慈雨を。
天球の青は天まで青く、美しさは灼熱の大地と相まって激しいコントラストを生んだ。
雲一つ無く、今日も空気は透明だった。砂礫にあふれた地はただ遠くとおく。
「部隊散開のち作戦開始、所定時間通り指定区域に突入、1040を以て殲滅を開始。ASAP(可及的速やか)。暗証コードを答えないものには拘束および抵抗するなら射殺を許可。各員の働きに期待する、以上」
一斉に軍踵が鳴って敬礼をきる。何割が残るか解らぬ顔を見て。
「散開」
殲滅開始。銀時計がぱちりと鳴って閉じられた。



2006/05/29 初出
鋼ロイアイ@慈雨(お題より)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆつき

Author:ゆつき
日々徒然。
何とか生き延びている。
うっかり突発小話ありけり。
何が出てくるか解らない。
おそらく切羽詰った精神状態で出てくる故注意が必要。


おねがいごと。
小話の続きは、コメントのほうに私が書き込んでいますので、小話への直接コメントはご遠慮くださいませ。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

フラッシュ クロック 「傀儡人間」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。